ゆーた
http://4569life.blog94.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
いよいよ2010年
2010-01-03 Sun 11:27



長谷川穂積選手 PART1



WBC世界バンタム級王者、長谷川穂積選手のボクシングは、相手の"呼吸”を読んで

パンチを打つそうです。


息というのは すーー はーー すーー はーー と吸ったり

吐いたりするものですね。長谷川選手はその すーーーー の瞬間を

見極めてパンチを繰り出すそうです。人は吸ってるときは動きにくいのでしょうか。

確かに筋力トレーニングでも主動の動作の時に息を吐くように言われます。

たとえば、ベンチプレスを挙げるときに息を吐く、

もしくは一瞬止めて、降ろすときに吐くと言った具合です。

彼はその呼吸の見極めで相手を打っているそうです。

タイミングの読み合いであるボクシングという競技で呼吸を読むというのは

とても有効な手段なのですね。

それは世界タイトルを8度防衛している長谷川選手だからできるのでしょうか。

それともそれに気づいたのが彼だけだからあんなに強いんでしょうか。

でもこれはきっとバスケにも応用できるのではないかなと、勝手に想像してます。

バスケもそういった意味ではボクシングに似ています。

タイミングの外し合いのスポーツです。

なので波のような複雑なリズム感を持つ黒人選手はやはり止められませんし、

単調でカクカクしたリズム感を持つ日本人選手は止めやすいです。

そこでいくつかの疑問が浮かびました。

①何か呼吸を意識してタイミングをずらすトレーニングができないものか。。。
②シュートを打つ時に吸うとよく入るのか、吐くとよく入るのか。。。
③バスケでも息を吸う時の方が守りづらいのか。。。

これらを検証して行きたいと思います。

やはり、世界チャンピオンというのはずば抜けた感覚を持ち合わせていますね。



では、次回はフェイントに関して書いてみたいと思います。







スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<HE GOT KILLED | アメリカといえばバスケでしょ!~in ロサンゼルス~  | Sccrimage! Cobras + 他 vs. NPC >>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| アメリカといえばバスケでしょ!~in ロサンゼルス~  |
copyright © 2006 アメリカといえばバスケでしょ!~in ロサンゼルス~  all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。